【 俺ガイル 】漫画最終回の感想 | ラブラブすぎる!リア充気分にもなれる

スポンサーリンク

■マンガ概要紹介

俺ガイルというのは正式のタイトルではなく、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の略になります。
正式のタイトルが長めだということもあり、ほかにも「はまち」や「おま俺」などさまざまな略称があります。
2011年から2019年まで書かれていた小説が原作となり、アニメ化されたものです。

■俺ガイル 最終回までのあらすじ

主人公は青春なんてないし、悪であると思っていてそれを作文に書いていたほどで、一人ぼっちを極めようしていました。
しかし、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、態度を改めるように奉仕部に無理矢理入れられてしまいます。
修学旅行、生徒会選挙、バレンタインの依頼などさまざまなストーリーが展開されていきます。
その後、恋の三角関係の模様を中心に物語が進み最終回へと突入していきます。

■俺ガイル最終回1.3人の関係は希薄になる

八幡、雪乃、結衣の関係は、お互いの気持ちをお互いがわかってしまうからこそ離れなければならないと感じ、徐々に関係性が希薄になっていきます。
雪乃は妥協だとわかっていても、距離を置くことがいいと思ってしまいます。

■俺ガイル最終回2.このままではいけないとついに八幡が気持ちを伝える

平塚先生からの助言もあり、今の3人は偽物の関係だと感じ本物を探すために言葉を言い尽くし、行動も始めます。
そうしているうちに、自分の気持ちは雪乃との関係をこれで終わりにしたくない、ずっと関係を持ちたいということでした。
ついに雪乃へ好きなことを伝え、やっと2人はラブラブになります。

■俺ガイル最終回 まとめ

元々はライトノベルで人気な物語で、マンガのほかにアニメも放送されています。
思わずあの頃に戻って、青春した気分になれる物語です。
リア充気分を味わいながら楽しみましょう。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました