【幽☆遊☆白書】漫画最終回の感想 | 幻海が託した土地を見て浦飯幽助が言ったこととは?

スポンサーリンク

■幽☆遊☆白書概要紹介

幽☆遊☆白書(ゆうゆうはくしょ)は、週刊少年ジャンプ誌で1990年~1994年まで連載されていたマンガです。
原作者は、冨樫義博さんです。
これまでに全19巻のコミック本が販売されており、累計発行部数は5,000万部以上となっています。
1992年からは、テレビアニメ化されて、フジテレビ系列で放送されていました。
本記事で、幽☆遊☆白書の最終回のあらすじについて、ご紹介いたします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■幽☆遊☆白書 最終回までのあらすじをざっくり解説

主人公の浦飯幽助は、道路に飛び出した子どもを助けようとして、交通事故死してしまいます。
霊界では浦飯幽助の死が予想外の出来事だったことから、魔大王の息子より生き返るための試練を受けるチャンスを与えられるのです。
霊界探偵となった浦飯幽助は、人助けをすることや魔界統一トーナメントに挑んでいくことになります。
魔界統一トーナメントで敗れた浦飯幽助は、その後人間界に戻りました。

■テロリストとの闘い

霊界探偵とラーメン屋を兼業しながら過ごしていたところ、霊界の中枢がテロリストに占拠される事件が発生するのです。
テロリストから人間界を守った浦飯幽助は、幻海のお墓参りに訪れた際に、いつものメンバーと再会したのでした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■幻海の遺言状

静流は、お墓参りの際にみんなの前で、幻海が遺した遺言状を開封します。
そこには、山奥の僻地を譲ると書かれており、その場所をみんなで見に行くことにしたのです。
その景色を見て、浦飯幽助は「人がいじくっていい場所じゃねーよ」といったのでした。
ラストシーンでは、みんなで海で楽しそうに過ごす様子が描かれています。

■幽☆遊☆白書の最終回に関するまとめ

今回は、幽☆遊☆白書の最終回に関する情報をお伝えしました。
幽☆遊☆白書は、1990年に発表された作品ですが、現在でも人気があり、舞台化もされています。
まだ読んだことがないという方は、最終回の内容が気になった方は、ぜひコミックスを購入して楽しんでみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■幽遊白書のみんなの感想

当時リアルタイムで幽遊白書を読んでいた時後半が読みづらくなって読むのをやめてしまっていましたが大人になってから読み返すと発見が多くある漫画でした、実はキャラクターの内面を多く表している描写も多く最後の大会の優勝者に作者の願いもあるのかなと考えました。

個人的に一番好きなキャラクターは陣です。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました