【 彼岸島 】漫画最終回の感想 | 狂気のホラーで宮本明はどうなるのか?

少年漫画
スポンサーリンク

■彼岸島概要紹介

彼岸島は松本光司によって描かれた吸血鬼サバイバルホラーで、週刊ヤングマガジンで2002年49号~2010年32号にかけて連載されていました。
おどろおどろしいイラストで、ホラー好きな読者を虜にしたマンガです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■彼岸島 最終回までのあらすじをざっくり解説

主人公である宮本青果店の店長の息子の宮本明は、数年前に行方不明になった兄・宮本篤を探しています。
兄を探して、友達とともに彼岸島に渡りました。
実は、彼岸島は吸血鬼が暮らす島だったのです。
彼岸島で行方不明となった兄を見つけ出すため、吸血鬼との闘いといった恐ろしい物語が展開されていきます。

■【彼岸島最終回】雅を殺したと思いきや

宮本明はやっとのことで雅に501ワクチンを打ち込むことに成功し、雅は苦しみ、動かなくなりました。
動かなくなった雅の体をチワワの背中に乗せたチワワは宮本明を投げ飛ばし、攻防が始まります。
ようやく殺せたと安堵したのもつかの間、雅が復活を遂げ、宮本明は大きなショックを受けます。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【彼岸島最終回】邪鬼のチワワの暴走

チワワを振り払い、横たわっていた雅に刀を振り下ろそうとしますが、鉄扇で防御されてしまうのです。
その後、宮本明は意識を失い、雅によってハリツケにされてしまいました。
身動きできずにもがく宮本明を、雅は不敵な笑みを浮かべて眺めています。

■【彼岸島最終回】吸血鬼になった森田

一方、レジスタンスの忍者である森田は、1匹だけ生き残っていた蚊に刺されてしまいます。
これによって感染し、吸血鬼になってしまうのです。
そんな森田を宮本明は一刀両断しました。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■彼岸島へのみんなの感想

■彼岸島の最終回に関するまとめ

彼岸島の最終回もグロテスクなイラストが満載です。
彼岸島は最終回を迎えましたが、「彼岸島 最後の47日間」と「彼岸島 48日後…」と続編も展開されています。
続編を楽しむためにも、ホラー好きな方はぜひとも彼岸島を読んでみましょう。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました