【 君に届け 】漫画最終回の感想 | 涙なしでは見られない感動の最終回!

少年漫画
スポンサーリンク

■君に届け概要紹介

最初は別の単行本につく読み切りマンガとして載せるために書かれていましたが、2006年から連載されました。
椎名軽穂が出産する時には休載などもありましたが、2017年まで続いた大人気マンガです。
マンガだけでなく、映画化かもされほかにもニンテンドーDSでゲーム化もされています。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■君に届け 最終回までのあらすじをざっくり解説

見た目が暗い黒沼爽子は、クラスの皆からもその雰囲気を見て貞子と呼んでいました。
まったく馴染めない黒沼爽子とは対照的なかっこよく人気ものの風早翔太と仲良くなったことを機に、恋愛や友情などの物語が始まります。

■【君に届け最終回】皆それぞれの進路へ

風早はすでに進路が決まり、アパート探しをしていました。
まだ結果が出ていないくるみと爽子の合格発表となり、手を震わせながらも、合格しているかどうか掲示板を見ます。
ドキドキしながら見てみると、2人とも合格していました。
帰り道には早風もいて、2人をお祝いしてくれました。
これからの話になっていき、皆が街を出ていくのを爽子は実感してしまいます。
その後、皆それそれの未来へと旅立っていきます。
爽子は早風のアパートで片付けなどを手伝い、その後、お互い離れ離れになってしまうことを実感してしまうのです。
最後電車に乗る早風の手を惹き、ホームに連れ出して帰りたくないと言います。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【君に届け最終回】ついにすべてが1つになる

そんなことを言われたら帰せなくなるという早風に、爽子はうなずきます。
そして、早風のアパートに戻り、お互いシャワーなども入りぎこちなく抱き合ってキスをします。
初めて1つにもなり、お互い同じような気持ちで眠りにつきました。
その後、爽子も実家を離れ、千鶴に見送ってもらいそこに早風も駆けつけます。
最後の別れで早風とキスをし、もらった手紙を見ながらこれまでを思い出します。
泣きながら手紙を読む手には早風の家の合鍵がありました。
さらに時は流れ、最後待っていた早風に爽子は抱きつきました。

■君に届けへのみんなの感想

■君に届けの最終回に関するまとめ

君に届けは最終回でいったん終わりましたが、君に届け 番外編~運命の人~が不定期で続いています。
興味を持った方は、ぜひ君に届けを一度見てみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました