【 タッチ 】漫画最終回の感想 |達也と南の関係はどうなった?試合の結果は?

少年漫画
スポンサーリンク

■タッチ概要紹介

タッチは、あだち充さん原作のマンガです。
1981年~1986年まで、週刊少年サンデー誌で連載されていました。
テレビアニメ化、劇場アニメ化、 実写映画化もされており、幅広い世代の人たちに親しまれている作品です。
今回は、タッチの最終回のあらすじについてご紹介します。

■タッチの最終回までのあらすじをざっくり解説

タッチは、高校野球に打ち込む双子の兄弟「上杉達也・和也」、幼なじみの「浅倉南」の関係を描いたストーリーとなっています。
野球部のエースだった上杉和也は、地区予選に向かう途中で交通事故死してしまいました。
ボクシング部に所属していた上杉達也は、甲子園を目指してた和也と南の夢を叶えるために、野球部への入部を決意したのです。
念願の甲子園出場を果たしますが、試合日が南のインターハイ出場日と重なってしまったのです。

■【タッチ最終回】達也が南へ想いを伝える

南は、プレッシャーに耐えられなくなり、インターハイ会場から逃げ出してしまいました。
甲子園へ向かったのですが、野球部の入場シーンには達也の姿はありませんでした。
南が振り返ると、達也が立っており、「上杉達也は浅倉南を愛しています」と自分の気持ちを打ち明けたのです。

■【タッチ最終回】試合の結果はどうなった?

甲子園やインターハイの結果がどうなったのか気になる方も多いのではないでしょうか?
最終回では、甲子園優勝の盾、インターハイ個人優勝のポスターが部屋に飾られているシーンが描かれており、2人とも良い結果を収めていることがわかります。
その後、達也はプロへの誘いを受けますが、肩を壊してしまいました。
2人は同じ大学を目指して受験勉強に取り組むのでした。

■タッチの最終回に関するまとめ

タッチは、野球が好きな方におすすめの作品です。
達也、和也、南の三角形など恋愛要素があるのも、タッチのおもしろいところです。
最終回が気になった方は、タッチのマンガをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました