【 シャーマンキング 】漫画最終回の感想 |少年ジャンプ版と完結版で異なるラストに注目

スポンサーリンク

■シャーマンキングの概要紹介

シャーマンキング (SHAMAN KING) は、 1998年~ 2018年まで週刊少年ジャンプで連載されていた漫画です。
2018年に講談社へ移籍となりました。
原作者は、武井宏之さんです。
2001年からは、テレビ東京系列でアニメーション版が放送されました。

■シャーマンキングの最終回までのあらすじをざっくり解説

主人公の麻倉 葉がシャーマンキングを目指して、シャーマンファイトへ挑むというストーリーです。
シャーマンキングの最終回は、週刊少年ジャンプ連載、完全版・完結版などがあり、それぞれに内容が異なります。
週刊少年ジャンプ連載の最終回では、葉たちは、シャーマンファイトでの優勝をハオに譲ります。
儀式中に眠るハオを倒そうと企てますが、葉たちはハオを守る十祭司との戦いで疲れ果ててしまいました。
まん太がプリンセスの姿になったハオの夢を見るという、夢オチで物語の最終回を迎えたのでした。

■完全版の最終回

完全版の最終回では、葉たちは十祭司を倒し、シャーマンキングとして目覚めたハオに戦いを挑みます。
しかし、ハオの強力な攻撃に太刀打ちできない状況でした。
ハオの母親の魂が登場して、ビンタと説得を受けたハオは、500年後へ転生することを自ら選んだのでした。

■完全版はハッピーエンド

最終回ではハオとの闘いから、7年後の様子が描かれています。
葉たちはパーティーを楽しんでおり、その様子を見ていたハオとマタムネらがにっこりするというハッピーエンドで終わりとなりました。

■シャーマンキング まとめ

コミック本は全32巻が発行されました。
1990年代に流行った漫画ですが、令和時代でも色褪せることなく人気の作品となっています。
2021年からは、完全新作アニメーション版の放送も開始されていますので、この機会に漫画版も楽しんでみてはいかがでしょうか?
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

SHAMAN KING マガジンエッジ 全巻 全巻セット 1-34巻 最新号 34冊

コメント

タイトルとURLをコピーしました