【 DAYS 】漫画最終回の感想 | 高校サッカー選手権で日本一を勝ち取ったのは聖蹟高校

スポンサーリンク

■DAYSの概要紹介

DAYS(デイズ)は、 安田剛士さん原作の漫画です。
2013年~2021年まで週刊少年マガジンで連載、2021年からは、DAYS -fragment-で短期集中連載作品も掲載されていました。
2016年にはアニメ化されて、MBSやTOKYO MXなどで放送されていました。

■DAYS 最終回までのあらすじをざっくり解説

DAYSの主人公は、柄本 つくしです。
サッカーの天才少年である風間 陣との出会いがキッカケで、サッカーに興味を持ち始めます。
強豪校として知られる聖蹟高校サッカー部へ入り、仲間たちと一緒に全国優勝を目指すというスポーツ漫画です。
最終回では、高校サッカー選手権の決勝戦で、聖蹟高校は沖縄中央高校と戦うことになります。

■スーパーシュートを決めたのは柄本つくし

聖蹟高校VS沖縄中央高校の後半戦で、柄本つくしの元にパスがきます。
柄本つくしは、そのパスを受け取り、スーパーシュートを決めました。
そして聖蹟高校は試合に勝ち、ついに日本一となったのでした。

■聖蹟高校サッカー部の解散とラストシーン

優勝した聖蹟高校サッカー部は、解散することになりました。
最終回のラストシーンでは、生方一人がホームで号泣するという感動的なシーンが描かれています。

■DAYS まとめ

DAYSの最終回は、ハッピーエンドで終わりを迎えます。
講談社漫画賞・少年部門受賞を受賞するなど、サッカー漫画の名作として知られる人気作です。
サッカー好きな方にとって必見の漫画作品と言えるでしょう。
ぜひDAYSを手に取って、名場面の数々を楽しんでみてください。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

DAYS 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました