【 鬼灯の冷徹 】漫画最終回の感想 | 地獄の業務は最後はどうなる?

少年漫画
スポンサーリンク

■鬼灯の冷徹概要紹介

鬼灯の冷徹は、地獄を舞台にしたユニークなストーリーです。
罪人たちが送られてくる地獄で、どんな裁きが行われているのか、地獄の番人たちの様子がコミカルに描かれます。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■鬼灯の冷徹 最終回までのあらすじをざっくり解説

地獄は八大地獄と八寒地獄の2つに分かれ、さらに272の部署に分かれていると言います。
鬼神は、膨大な業務をサラリとこなす閻魔大王第一補佐官です。
涙を流しまくる情に厚い閻魔大王の右腕として、ドSで冷徹な鬼灯が、ほかのスタッフたちと日々巻き起こる事態をこなしていく物語です。

■【鬼灯の冷徹最終回】人事異動に

鬼灯の冷徹の最終回では、ルリオ・柿助・ルリオが、閻魔大王から人事異動を命じられる展開です。
閻魔大王や鬼灯らの推薦により、太山庁勤務となり、天の御柱の元で太山王第一補佐官の見習いとなるのです。
事実上の大出世にあたるので3人は大喜びします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【鬼灯の冷徹最終回】人事異動の理由とは

推薦されたのはルリオなのに3人同時に出世することに、柿助だけはためらい気味です。
そんな柿助らに対し、鬼灯は、「貴方がたは3匹全体でバランスが取れています。ルリオさんはシロさんと柿助さんがいることで、とても冷静な判断をする。一匹でも欠けると良くない。」と冷静に説明して「桃太郎ブラザーズ」として推薦したと話すのでした。

■【鬼灯の冷徹最終回】飲み会へ突入

最終回でも、これまでのような職場の飲み会が行われ、閻魔大王や鬼灯も参加していました。
最後のシーンは回想シーンです。
これまで登場したキャラクターたちの現在が描かれました。
その後、「あの世には天国と地獄がある。」とお馴染みの地獄のナレーションが入ります。
そして、鬼灯が冷静に、「あの世でもこの世でも統治にほしいのは冷静な後始末係である。が、そういう影の傑物はただのカリスマなんかよりずっと少ないのだ。そして、影の傑物を育てられる者はさらにもっと少ないのだ。」と奥深い語りが入るのでした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■鬼灯の冷徹へのみんなの感想

魅力的な登場人物が居たり、クスッと笑えたり、何回も見てしまう、ハマってしまうなど作品が面白いとの感想が多いですね。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■鬼灯の冷徹の最終回に関するまとめ

鬼灯の冷徹はマンガでの地獄のシーンが楽しそうだから、現世で悪いことはするなよという注意メッセージ付きの、ユニークなストーリー展開が魅力です。
地獄でどんなことが行われているのか気になった方は、最初から最終回まで一気読みしてみましょう。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました