【 鬼滅の刃 】漫画最終回の感想 | 禰豆子は人間に戻れた?その後の炭治郎たちの運命は

スポンサーリンク

■鬼滅の刃の概要紹介

鬼滅の刃は、週刊少年ジャンプで、2016年~2020年まで連載されていた漫画です。
原作者は、吾峠呼世晴さんです。
テレビアニメ化や劇場アニメ化されたこともあり、日本中で鬼滅ブームが起こるほど、大きな話題となりました。

■鬼滅の刃 最終回までのあらすじをざっくり解説

鬼滅の刃の舞台は、大正時代です。
物語の主人公は、鬼に家族を殺された竈門炭治郎です。
唯一生き残った妹の竈門禰豆子も、鬼になってしまいました。
そんな妹を人間の姿に戻して、殺された家族の敵を討つために、炭治郎は鬼殺隊へ入り、鬼に戦いを挑んでいくというストーリーです。
鬼との戦いに勝利したことで、鬼殺隊は解散しますが、炭治郎は片目を失明することになります。
そして最終回、禰豆子も人間の姿に無事に戻ることができました。

■炭治郎とカナヲは結婚してひ孫が誕生?

最終回となる205話では、現代の東京が舞台となり、鬼殺隊と鬼たちによる最後の戦いと終結後の世界が描かれています。
炭治郎とカナヲたちのひ孫が登場していることから、2人が結婚していたことが想像できます。

■禰豆子の結婚相手は善逸

最終回の205話には、禰豆子と善逸たちのひ孫も登場します。
善逸は禰豆子のことをずっと想っていたので、ハッピーエンドという結果になりました。

■鬼滅の刃 まとめ

コミック本の最終巻では、少年ジャンプ誌ではカットされたシーン、原作者の吾峠呼世晴さんのあとがきメッセージなども掲載されています。
鬼滅の刃の最終回は、涙腺崩壊したなどレビューも多く、感動的な内容となっていますのでぜひ読んでみてください。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

鬼滅の刃 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました