【 風光る 】漫画最終回の感想 |弱小チームの甲子園優勝はあり得るのか

スポンサーリンク

■風光るの概要紹介

野中ゆたかはプロ野球選手のモノマネを得意とする多摩川高校野球部のメンバーですが、実際の試合では活躍できず、弱小チームの中でも補欠のままでした。
そんな弱小チームを立て直すべく新たに監督に就任した君島は、ゆたかを四番かつピッチャーに指名したのです。

■風光る 最終回までのあらすじをざっくり解説

かつて神宮の星と称された名選手であった君島監督は、野球選手の形態模写が得意なゆたかに目をつけます。
モノマネは上手でも、コントロールもなければ、体力にも自信がないゆたかに対し、君島監督は野茂投手に成りきって投げろと無理を言うのです。
監督の意図がわからず、困惑する多摩川高校野球部のメンバーたちですが、なんと強豪校である千束高校との練習試合で、ゆたかの活躍で接戦を繰り広げられたのです。
これまで勝てずに、自信もやる気も喪失していた多摩川高校野球部は、君島監督とゆたかの秘めた能力に触発され、甲子園優勝を目指し奮闘していきます。

■甲子園の第二回戦へ進出

弱小校が甲子園出場を目指すならともかく、優勝を目指すレベルまでに達するというのも夢物語ですが、風光るの最終回では、甲子園での第二回戦が描かれています。
優勝候補である関大淀川との闘いの3回裏、多摩川高校は4対6と逆転されてしまうのでした。
そんな中、多摩川高校待望の雨が降り始めます。
雨は野球の敵かと思いきや、ゆたかは雨を利用したスッポ抜け投法で淀川打線を抑えるのでした。

■最後の攻防

9回裏を迎え、2アウト満塁の展開になります。
13対10とリードしていたものの、最後には満塁ホームランを打たれてしまい、敗退してしまいました。
関大淀川も多摩川との試合で力を出し切ってしまったのか、三回戦で敗退してしまいます。
大会終了後、ゆたかはキャプテンとなりチームを引っ張っていくことになりました。

■風光る まとめ

高校野球ファンはもとより、往年のプロ野球選手が登場するため、意外に年齢層の高いファンも多いのが、風光るです。
形態模写のシーンが面白い、それで勝ち残っていくのがスゴイとの感想がひしめいています。
甲子園で優勝してしまうのかと思われましたが、意外にも敗退してしまったのには驚いた読者も多かったのではないでしょうか。
手に汗握る展開を楽しみたいという方はぜひ読んでみてください。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

風光る 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました