【 結界師 】漫画最終回の感想 |墨村良守と雪村時音の関係はどうなる?

少年漫画
スポンサーリンク

■結界師概要紹介

結界師は、田辺イエロウさん作のマンガです。
2003年~2011年まで、週刊少年サンデー誌で連載されていました。
小学館の漫画賞少年向け部門受賞に選ばれたことでも話題となった作品です。
2006年10月16日~2008年2月まではテレビアニメ版も放送されていました。
本記事で、結界師最終回のあらすじについてご紹介いたします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■結界師の最終回までのあらすじをざっくり解説

結界師の主人公は、結界師の墨村良守です。
良守は、隣に住む雪村時音のことが好きなのですが、異性として相手にしてもらえません。
そんな想いを抱えながらも、仲間たちとともに、妖退治に奮闘するというストーリーです。

■【結界師最終回】戦争が終わった後はどうなった?

良守らが烏森の完全封印を成し遂げたことで、戦争がようやく集結しました。
最終回では、戦争後のそれぞれの登場人物の様子が描かれています。
長年犬猿の仲だった墨村家と雪村家は和解して、お茶を飲む仲となっていました。
そして、良守は家に誰もいない隙を狙って時音を呼ぶのです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【結界師最終回】良守が時音を呼んだ理由は?

良守が時音を家に呼んだ理由は、以前約束していたチーズケーキの作り方を教わるためでした。
チーズケーキづくりを楽しみながら、将来の夢を語り合い、物語は終わりとなりました。

■結界師へのみんなの感想

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■結界師の最終回に関するまとめ

ここまで、結界師のあらすじや最終回についてお伝えしました。
結界師は、シリーズ累計発行部数は1,700万部を超える人気マンガです。
最終回のおもしろさはテキストだけでは伝わりにくい面もありますので、ぜひマンガをご覧になってみることをおすすめします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました