【 私がモテてどうすんだ 】漫画最終回の感想 |ボーイズラブを愛するヒロインのいくえ

少女漫画
スポンサーリンク

■私がモテてどうすんだ概要紹介

私がモテてどうすんだは、2013年から5年にわたって連載された少女マンガです。
腐女子でオタクを公言し、三度の飯よりボーイズラブを愛する芹沼花依が、あることをキッカケにモテモテ女子に変貌します。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■私がモテてどうすんだ 最終回までのあらすじをざっくり解説

芹沼花依は、オタクで腐女子、しかも肥満な女の子でしたが、二次元世界の王子様の死に泣き暮れ、1週間あまり食事も食べられない状態が続きました。
その間に体重が激減し、絶世の美少女に変身してしまうのです。
学校に行くと、瞬く間に注目を集め、女子たちの憧れの的になり、七星望、五十嵐祐介、仁科志麻、年下美少年の四之宮隼人らから、モテモテとなります。
もっとも、六見遊馬だけは、変貌前と同じように芹沼花依を扱っていました。
モテモテとなった芹沼花依のコミカルなラブストーリーが始まります。

■【私がモテてどうすんだ最終回】告白の返事

最終回では誰もがうらやむ美少年たちからの告白に対して、芹沼花依が返事をするシーンがあります。
さて、誰を選んだのでしょうか。
その答えは六見先輩でした。
肥満で腐女子なオタクだった時と変わらず接してくれた、美少女に変貌したからと振り返った人たちとは違うと感じていたからかもしれません。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【私がモテてどうすんだ最終回】先輩との別れと再会

六見は先輩なので、高校卒業により、離れ離れになります。
先輩の卒業式の日は寂しそうではありましたが、芹沼花依はある決意をしていました。
それは六見先輩と同じ大学に行くことです。
オタク活動を我慢して、ひたすら受験勉強に打ち込み、見事、同じ大学に豪華鵜を果たします。
「お待たせしました!!」と入学する芹沼花依の姿は愛らしいです。

■【私がモテてどうすんだ最終回】ハッピーエンド

時は流れ、六見先輩は教師になり、芹沼花依は大好きなアニメのキャラクター商品製作を行う仕事に就いていました。
しかも、2人の結婚式の様子も描かれています。
ふくよかな姿に、また肥満女子に舞い戻ったのかと思いきや、お腹には赤ちゃんがいるとのことです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■私がモテてどうすんだへのみんなの感想

■私がモテてどうすんだの最終回に関するまとめ

ボーイズラブ大好きで、学校の美少年たちをカップリングする空想をして楽しんでいたのが、激痩せして美少女に変貌したのをキッカケに、美少年たちからモテるようになってしまったユニークなストーリーです。
最終回までの展開が気になる方は、私がモテてどうすんだをぜひ読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました