【 犬夜叉 】漫画最終回の感想 | 最終戦に勝利したかごめの運命は?

スポンサーリンク

■犬夜叉の概要紹介

犬夜叉は、1996年~2008年まで週刊少年サンデー誌で連載していた漫画作品です。
漫画の原作者は、高橋留美子さんです。
2000年にはテレビアニメ化されたほか、PlayStation 2やNintendo DSなどのゲームも販売されていました。

■犬夜叉 最終回までのあらすじをざっくり解説

物語の舞台は、戦国時代の日本です。
現代からタイムスリップしてきた女子中学生の日暮かごめが、妖怪と人間の間に生まれた半妖の犬夜叉たちと一緒に、冒険と戦いを繰り広げるファンタジー作品です。
最終回となる56巻では、宿敵である奈落との最終決戦を迎えることになります。
なんとか奈落を倒すことに成功したものの、黒幕である四魂によって、かごめは玉の奥へ引きずり込まれてしまいました。

■かごめの願いによって四魂は消滅する

最終回では、取り込まれたかごめの後を追って、犬夜叉も冥道へ飛び込みます。
そして、かごめの強い願いによって四魂は消滅し、無事に戦いの終息を迎えることとなったのです。

■犬夜叉に会いたかったかごめ

最終決戦を終えた後、かごめと犬夜叉は現代へ戻ってきました。
しかし、犬夜叉だけは戦国時代へ戻されることになったのです。
かごめは現代の世界へ残り、高校を卒業しました。
しかし、ずっと犬夜叉を忘れられなかったのです。
最終回で、かごめは戦国時代へ再び戻り、犬夜叉と一緒に暮らしていくことを選びました。

■犬夜叉 まとめ

ワイド版30巻では、かごめが犬夜叉の世界にきてから半年後を描いた特別編が掲載されています。
最終回と合わせて、ぜひチェックしてみると良いでしょう。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

犬夜叉 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました