【 焼きたてジャぱん 】漫画最終回の感想 |パン職人の成功物語かと思いきや

スポンサーリンク

■焼きたてジャぱんの概要紹介

ご飯大好きだった6歳の少年・東和馬は、近所にできたパン屋サンピエールのパンを食べたことで、パンが大好きになります。
サンピエールの店主が、日本が世界に誇れる「ジャぱん」を創ることを目標にしていることを知った和馬は、自分も同じ夢を追いかけたいと、パン職人への道を歩み出すのでした。

■焼きたてジャぱん 最終回までのあらすじをざっくり解説

和馬は中学を卒業すると、東京で人気のベーカリーショップ「パンタジア」に採用され、パン職人として本格的な修行をスタートさせます。
和馬の作るパンに魅了されるリアクションの大袈裟なキャラで、コミカルなパン職人のサクセスストーリーかと思いきや、実は壮絶な展開が待っています。
和馬が憧れたサンピエールの店主である霧崎雄一が、世界中の人々をパンしか食べない「ヒューパン」にして地球を支配することを企てる、パンと一体化した魔王になってしまっていたのでした。

■ダルシムって?

焼きたてジャぱんでは和馬のパンを食べた人たちの顔芸がスゴイと話題ですが、三大リアクションキャラと呼ばれる河内恭介が、最終回でスゴイことをやり遂げます。
地球が水没の危機にさらされるという異常事態が起こる最終回で、和馬のパンを食べた河内恭介が、ダルシムとなって、地球上のすべての陸地を浮かせて、水没の危機から救ったのでした。

■魔王を救うために

最終回では、魔王となった霧崎雄一を助けるために、和馬が「ジャぱん」を完成させます。
これによって、霧崎を魔王から分離させ、河内も平常に戻して、魔王の打倒を成功させたのでした。

■驚きの結末

焼きたてジャぱんがパン職人がジャぱんで世界のトップに立つ、サクセスストーリーかと思っていた人にとって、最終回は大どんでん返しでした。
焼きたてジャぱんが言いたかったのは、地球温暖化を防いで、地球を守っていこうということだったからです。

■焼きたてジャぱん まとめ

焼きたてジャぱんはパン職人のサクセスストーリーやおいしいパンを目で見て楽しむ物語ではなく、実は環境保護推進漫画だったと衝撃の感想が躍っています。
その真相を確かめたい方は、ぜひ一話から読んでみましょう。
違法アップロードの無料の漫画は読まずに買って漫画業界を支えましょう!

焼きたて!!ジャぱん 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました