【 復習の毒鼓 】漫画最終回の感想 |高校生の復讐劇のゆくえはいかに?

少年漫画
スポンサーリンク

■復習の毒鼓 概要紹介

復習の毒鼓は、双子の兄をいじめで亡くした神山勇が、兄に成りすまして学校に潜入し、兄を殺した犯人に復讐するというバイオレンスなストーリーです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■復習の毒鼓 最終回までのあらすじをざっくり解説

高校でいじめを受けていた双子の兄である神山秀が死んだことをキッカケに、弟である神山勇は復讐を決意します。
兄が死んだことを隠し、兄に成りすまして学校に復学するのです。
兄を死に追いやったのは、学校を牛耳っていた不良グループの「ナンバーズ」だと言われています。
「ナンバーズ」を潰すための壮絶な復讐劇が繰り広げられていきます。

■【復習の毒鼓最終回】元凶にたどり着く

神山勇は復讐を遂げるたびに、強くなり、攻撃も激しくなっていきます。
そして、最終回では一番の元凶である早乙女にたどり着いたのです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【復習の毒鼓最終回】最後まで卑劣な復讐相手

早乙女の両親が、壮絶ないじめの問題を揉み消していることが発覚するなど、怒りは頂点に達していますが、卑怯な戦い方をされ、なかなか復讐を遂げられません。
雨が降りしきる中で、神山勇は早乙女に馬乗りになり、何度も何度も拳を振り下ろしました。
顔面を殴る凄まじい音だけが周囲に響く、そんな状況描写です。

■【復習の毒鼓最終回】復讐の果て

自らもボロボロになりながらも、ようやく兄の復讐を成功させた神山勇は、これからどうするつもりだと尋ねられ、「当分は休みたい」と答えました。
そして、復讐を見守った仲間に、「また自分の人生に戻らないと」と告げたのです。
最終回の最後のシーンは、「俺の人生がはじまる」とせいせいした表情でドアを両手で開き、光の中へ歩いていく神山勇の姿が描かれました。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■復習の毒鼓の最終回に関するまとめ

復習の毒鼓はバトルシーンが好きな方、復讐劇が好きな方に特におすすめのマンガです。
最終回を見て気になった方は、ぜひ初回から読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました