【 八雲さんは餌づけがしたい 】漫画最終回の感想 |プロ野球選手になった?

少年漫画
スポンサーリンク

■八雲さんは餌づけがしたい概要紹介

アパートで一人暮らしをしている若き未亡人の八雲柊子が、親元を離れて一人暮らしをしている隣の部屋の高校球児・大和を密かに餌づけしようとする、展開を描くストーリーです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■八雲さんは餌づけがしたい 最終回までのあらすじをざっくり解説

八雲柊子は28歳の未亡人で、夫を亡くしてからは大好きな料理の作り甲斐もなくなり、悲しみに暮れていました。
そんなある日、隣の部屋で一人暮らしをしている高校生の大和翔平に作りすぎたおかずをおすそ分けに行きます。
すると、大和は玄関先でペロリと平らげてしまったのです。
食べっぷりに感動した八雲は、彼が酷い食生活をしているのを知り、「お腹空いたら、うちにご飯食べにいらっしゃい」と声を掛けます。
おすそ分けをキッカケに、毎日のように一緒に夕ご飯を食べるようになった2人は、いったいどうなっていくのかという物語です。

■【八雲さんは餌づけがしたい最終回】最後のご飯

野球部の寮に入寮することを決めた大和は、八雲の最後のご飯として昼ご飯に大量の素麺をご馳走になります。
互いにこれまでのお礼を伝えあい、大和は野球部の寮での生活をスタートさせました。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【八雲さんは餌づけがしたい最終回】寮から抜け出す大和

再び一人の寂しいご飯になってしまった八雲の元へ、寮を抜け出した大和が現れます。
寮を抜け出すのはマズいと心配する八雲に対し、二度と寂しい思いをしてほしくないと言います。
実力を認められれば、多少の自由が得られるので、結果を出して、八雲と一緒にご飯を食べると約束をして帰っていきました。
そんな大和は実力を伸ばし、約束の数ヶ月後に甲子園に出場を果たしたのです。

■【八雲さんは餌づけがしたい最終回】スター選手になった大和と八雲さんの行方

最終回に時は流れ、数年の月日が経ちました。
高校を卒業した大和は見事、プロ野球選手となり、打点王となるほどのスター選手へと成長していました。
そんな大和が、八雲が今も暮らす小さなアパートへやってきます。
高校2年生の妹のさくらも一緒です。
そして、八雲特製の餃子を大和とさくらがおいしそうに頬張るシーンで幕を閉じます。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■八雲さんは餌づけがしたいへのみんなの感想

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■八雲さんは餌づけがしたいの最終回に関するまとめ

八雲さんは餌づけがしたいは、「餌づけがしたい」というセンセーショナルなタイトルと男子高校生と28歳の未亡人という年の差の設定から、いやらしいストーリーが想像されました。
ですが、そんな読者の妄想とは裏腹に、大和の成長ストーリーと八雲を想う優しい気持ちに胸打たれ、八雲が作るおいしそうな料理の数々に料理マンガとしても人気を集めたのです。
最終回もほのぼのとしていましたが、八雲が毎日どのような料理を作ってきたかは、最初から読んでみないとわかりません。
餌づけの始まりから最終回まで、八雲の手料理を楽しみながら読んでみたいものです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました