【 ヴァイオレットエヴァーガーデン 】漫画最終回の感想 |ヴァイオレットと少佐の運命は

少年漫画
スポンサーリンク

■ヴァイオレットエヴァーガーデン概要紹介

ヴァイオレットエヴァーガーデンは、 暁佳奈さん原作のライトノベル作品です。
2018年にテレビアニメ版、2019年と2020年には劇場アニメ版が公開されて話題となりました。
本記事で、ヴァイオレットエヴァーガーデン最終回のあらすじについてご紹介いたします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■ヴァイオレットエヴァーガーデンの最終回までのあらすじをざっくり解説

ヴァイオレットエヴァーガーデンの主人公は、推定年齢14歳の少女「ヴァイオレット」です。
戦場の武器として育てられたヴァイオレットが唯一心を許していたのが、ギルベルト少佐でした。
しかし、ギルベルト少佐は、敵の攻撃により亡くなってしまいます。
両腕を失ったヴァイオレットは、自動手記人形という代筆業で生きていくことにしたのです。

■【ヴァイオレットエヴァーガーデン最終回】ギルベルト少佐は生きていた?

最終回の舞台となるのは列車です。
ヴァイオレットは、乗っ取り犯を制圧しようと奮闘します。
しかし、騎士団長のギルベルト少佐からもらった大切なブローチを奪われしまうのです。
義手がバラバラになりピンチとなったヴァイオレットを救ったのは、ギルベルト少佐でした。
実は、ギルベルト少佐はこっそりと生きていたのでした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【ヴァイオレットエヴァーガーデン最終回】ヴァイオレットとギルベルト少佐の関係はどうなった?

ヴァイオレットは、ギルベルト大佐に行かないでほしいと懇願します。
そして、「愛しているも、少しわかるのです」とギルベルト大佐へ伝えたのでした。

■ヴァイオレットエヴァーガーデンの最終回に関するまとめ

最終回は、原作小説とアニメ版では、違う部分があります。
すでにアニメを見たことがある方は、原作も読んでみて、両者の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました