【 パーマン 】漫画最終回の感想 |バード星への留学を認められたのは誰?

少年漫画
スポンサーリンク

■パーマン概要紹介

パーマンは、藤子・F・不二雄さん作のマンガです。
週刊少年サンデー誌で 、1967年~1967年まで連載されていました。
1967年からはテレビアニメ版も放送されていました。
台湾、香港、ブラジル、チリなどの国でも公開されたことで、世界的にも有名な作品となっています。
今回は、パーマン最終回のあらすじについてご紹介いたします。

■パーマンの最終回までのあらすじをざっくり解説

主人公は、小学5年生の男の子「須羽 ミツ夫」です。
須羽 ミツ夫は、空き地でバードマンと出会ったことがキッカケで、パーマン1号として活躍することになるのです。
ブービー、パー子、パーやん、パー坊など仲間とともに、正義のヒーローとして活躍するストーリーとなっています。
バードマンは、パーマンたちの優秀さを見極めるためにテストを行いました。
そのテストで認められると、バード星の留学が認められるのです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【パーマン最終回】バード星の留学が認められたのは?

バードマンのテストで最優秀の選ばれたのは、須羽 ミツ夫でした。
須羽 ミツ夫は臆病な性格でしたが、勇気と知恵を振り絞って立ち向かう姿勢が高く評価されたのです。
せっかくバード星への留学が決まったのに、須羽 ミツ夫は乗り気ではありませんでした。
家族と離れてしまうのが寂しくなってしまったのです。
しかし、バードマンの説得を受けて、バード星を決意したのでした。

■【パーマン最終回】パーマン3号の正体は?

最終回で、パーマン3号の正体が明かされます。
なんと、パーマン3号は、須羽 ミツ夫が憧れていた星野スミレだったのです。
須羽 ミツ夫は、「立派なパーマンになったらきっと帰って来るからね」と別れを伝えて、バード星へ旅立っていきました。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■パーマンの最終回に関するまとめ

昔アニメを観たけれど内容を忘れてしまったという方もいるのではないでしょうか?
最終回の内容をもっと詳しく知りたいと思った方は、ぜひ、パーマンのマンガをぜひご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました