【 ドカベン】漫画最終回の感想 | ドカベン最後の一打は出るのか!?

スポンサーリンク

■ドカベンの概要紹介

ドカベンは週刊少年チャンピオンで1972年に登場し、46年にわたって長期連載され、ドリームトーナメント編で最終回を迎えました。

■ドカベンの最終回までのあらすじをざっくり解説

ドカベンこと主人公の山田太郎は、小学生から野球をしてきたキャッチャーです。
中学で野球部に入ったものの、試合中のアクシデントで、対戦相手に失明に及ぶほどの大けがをさせてしまったのを気に病み、野球を辞め、転校します。
転校先でケンカが強い番町の岩鬼正美と出会ったのをキッカケに、柔道部に入部して、2人で準優勝まで導きました。
野球への情熱を捨てきれなかった山田でしたが、ケガをさせた相手が手術に成功して失明の危機を乗り越えたことを知り、野球へと戻ります。
明訓高校では岩鬼も野球部に入り、高校3年生の春に念願の甲子園出場を決めるのです。
その後、山田も岩鬼もプロ野球入りし、活躍し続け、ドリームトーナメント編へと連載も続いていきました。

■最終回の始まり

ドカベン最終回の試合は、甲子園球場で山田太郎と投手の中西球道との対戦です。
山田太郎は3試合連続サヨナラホームランを放っており、4試合連続のサヨナラホームランに期待がかかっているという状況が描かれています。

■対戦のゆくえは?

12回の裏、ツーアウト三塁というシーンで敬遠するか注目される中、投げられたのはストライクで、山田との真剣勝負が繰り広げられます。
166キロの剛球が投げ込まれる中、山田はファールで凌いでいくのです。

■ドカベンの最終回の一発は?

そこに、3塁走者であった中学時代からの仲間である岩鬼が、突然タイムを取って、山田に何かを告げます。
すると、次の球を山田のアッパースイングが捉え、バックスクリーンへ特大サヨナラホームランとなり、スーパースターズが優勝するというのが最終回です。

■ドカベンの最終回に関するまとめ

ドカベンは打てるキャッチャーの青春ストーリーであり、プロ野球へと進んでいくサクセスストーリーでもあります。
野球の細かなシーンも描かれ、野球ファンのバイブル的な存在でもあるマンガを、あなたも読んでみませんか。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

ドカベン 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました