【 デスノート 】漫画最終回の感想 | 夜神月はどうなるのか生死のいくえは?

スポンサーリンク

■デスノートの概要紹介

映画でも話題になったデスノートとは、名前を書いた人を死なせることができる死神のノートのことです。
デスノートで犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月(やがみらいと)と世界一の名探偵と呼ばれるLの頭脳戦が描かれるストーリーです。

■デスノートの最終回までのあらすじをざっくり解説

夜神月は警察幹部の父を持つ、頭脳明晰で容姿端麗な人物で、卓越した才能ゆえに退屈な日常に飽き飽きしていました。
そんなとき、偶然にデスノートを拾い人生に転機が訪れます。
幼稚な悪戯と思っていたデスノートの力を目の当たりにしたことで、新世界の神として犯罪者に死をもたらし、理想の世界を作り上げようと活動を始めることになるのです。
容赦なく犯罪者を裁いていく姿にキラと呼ばれるようになりますが、キラが月であることは隠されていました。

■最終回の死闘

キラであることをカミングアウトした月は、ニアに追い込まれ、デスノートを使おうとすると、松田に撃たれ、ペンが握れなくなります。
デスノートの持ち主である死神リュークに向かって、月はニアの名前を書けと叫ぶのです。

■リュークが名を書いたのは

月の負けを確信したリュークは、デスノートに月の名前を書きます。
そして、月に死が訪れ、世界が怖れてきたキラのいない世の中が訪れたのでした。

■デスノートの最終回の結末

デスノートも、キラもいない1年後の世界が描かれていますが、相変わらず、犯罪が起こり続けています。
そんな中、Lからの指令で、刑事たちが新しい捜査へと向かいます。
すると、キラ崇拝者たちが月夜に集まり、祈っている姿がありました。

■デスノートの最終回に関するまとめ

デスノートの最終回は、これからまた恐ろしいことが起こりそうな不穏な状態で幕を閉じました。
もっとも、すでにデスノートもキラも存在していません。
藤原竜也さん主演の映画で話題を集めた、原作のストーリーと、マンガに描かれる最終回をあなたも楽しんでみませんか。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

デスノート 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました