【 ダイの大冒険 】漫画最終回の感想 | 大魔王バーンとの戦いで勝利!ダイは生きてる?

スポンサーリンク

■ダイの大冒険の概要紹介

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-は、週刊少年ジャンプ誌で1989年~1996年まで連載されていたマンガです。
原作者は三条陸さん、作画は稲田浩司さんが担当していました。
RPGゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観をベースにしたオリジナルストーリーのマンガ作品です。

■DRAGON QUEST -ダイの大冒険-最終回までのあらすじをざっくり解説

物語の主人公は、12歳の少年のダイです。
ダイは、島でモンスターたちと一緒に暮らしていましたが、世界を救うために冒険の旅に出る決意をします。
旅の途中でダイは、たくさんの仲間たちと出会い、試練を乗り越えながら成長していきます。
そして、大魔王バーンとの戦い挑むことになるのです。

■大魔王バーンとバトル

大魔王バーンとのバトルの際に、ダイとポップは、黒の核晶が埋め込まれた人形のキルバーンを抱えて、空に向かって飛び立ちました。
しかし、途中でダイはポップを蹴落します。
ダイは自分一人だけが犠牲になることを選んだのです。
その結果、大魔王バーンを倒すことができ、平和な世界を取り戻すことに成功しました。

■ダイはいつか帰ってくる?

最終回では、仲間たちがダイを探します。
しかし、ダイの姿を見つけることはできませんでした。
遺されたダイの剣を見てポップは、まるで墓のようだと言います。
剣にはめ込まれたダイの生命である宝玉は、今でも光り輝いていました。
それを見た仲間たちはどこかダイが生きているという希望を持ち、いつか帰ってくると信じるのでした。

■DRAGON QUEST -ダイの大冒険-の最終回に関するまとめ

今回は、DRAGON QUEST -ダイの大冒険-の最終回に関する情報をお伝えしました。
累計発行部数が4,700万部以上を突破するほどの人気作品です。
最終回の詳細が気になった方は、DRAGON QUEST -ダイの大冒険-の漫画本をぜひチェックしてみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

ダイの大冒険 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました