【 シティーハンター 】漫画最終回の感想 |冴羽獠と槇村香の関係はどうなる?

少年漫画
スポンサーリンク

■シティーハンター概要紹介

シティーハンター (CITY HUNTER) は、週刊少年ジャンプ誌上で、1985年~1991年まで連載していたマンガです。
マンガの原作者は北条司さんです。
1987年からは、テレビアニメの放送がスタートしました。
香港では「城市獵人」のタイトル、フランスでは「ニッキー・ラルソンとキューピッドの香水」のタイトルで実写映画化もされました。
今回は、世界中で大人気のシティーハンターの最終回のあらすじをご紹介いたします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう! 全巻セット

■シティーハンターの最終回までのあらすじをざっくり解説

シティーハンターの主人公は冴羽獠です。
冴羽獠は、裏の世界でNo.1と呼ばれている凄腕スイーパーでありなが、美女が大好きな人物です。
東京・新宿を舞台にして、パートナーの槇村香ともに、さまざまな依頼を引き受けていくのです。
最終回では、海坊主の結婚式に参加した槇村香が武装集団の人質となってしまいました。
武装集団は、槇村香を助けることを条件に銃を捨てろと命令するのです。

■【シティーハンター最終回】愛する人のために銃を捨てた冴羽獠

冴羽獠は、武装集団の命令に従って銃を捨てました。
しかし、「愛するものを悲しませないために自分も生き残る」というセリフとともに、槇村香を救い出すことに成功したのです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう! 全巻セット

■【シティーハンター最終回】冴羽獠と槇村香は結ばれたのか?

最終回で、冴羽獠と槇村香の関係がどうなったのか気になる方も多いのではないでしょうか?
冴羽獠と槇村香が結婚したという具体的な描写はありません。
ただ、ラストは2人が寄り添うシーンで終わっており、2人が良い関係を築いていることを匂わせています。

■シティーハンターへのみんなの感想

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう! 全巻セット

■シティーハンターの最終回に関するまとめ

今回は、シティーハンターの最終回についてご紹介しました。
1985年に発表された作品ですが、今でも十分におもしろい作品です。
ハードボイルド作品ですが、100tハンマーやギャグなど笑えるシーンもたくさんあります。
ぜひご覧になってみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう! 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました