【 キテレツ大百科 】漫画最終回の感想 |奇天烈大百科を失ったキテレツの決意とは?

少年漫画
スポンサーリンク

■キテレツ大百科概要紹介

キテレツ大百科は、藤子・F・不二雄さん作のマンガです。
1988年~1996年まではテレビアニメ版が放送されていましたので、観たことがあるという方も多いのではないでしょうか?
今回は、キテレツ大百科最終回のあらすじについてご紹介いたします。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■キテレツ大百科の最終回までのあらすじをざっくり解説

キテレツ大百科の主人公は、発明好きの小学生のキテレツ(木手英一)です。
キテレツは、ご先祖様のキテレツ斎が残した「奇天烈大百科」を参考にして、からくり人間の「コロ助」を作り出しました。
キテレツとコロ助は、タイムマシンなどの発明品を作り出し、さまざまな騒動を繰り広げるという、SFギャグストーリーとなっています。

■【キテレツ大百科最終回】「奇天烈大百科」が捨てられてしまう

最終回で、キテレツのママは、ゴミと間違えて「奇天烈大百科」を捨ててしまいました。
キテレツは、大慌てて取り戻そうとしますが、すでにゴミ収集車が去ってしまった後だったのです。
大事にしていた「奇天烈大百科」を失いショックを受けるキテレツの元に飛行機が舞い込んできました。
その飛行機は、なんと「奇天烈大百科」の一枚だったのです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【キテレツ大百科最終回】勉強する決意をしたキテレツ

奇天烈大百科を失った後、「キテレツ斎さまにたよらず 自分の力でりっぱな発明をしていきたいとおもうんだ。」と言い、キテレツは勉強に取り組むようになります。
その姿を見たコロ助は、「キテレツはりっぱナリ!」と言い、物語は終わりを迎えました。

■キテレツ大百科の最終回に関するまとめ

キテレツ大百科は、タイムマシンなどのいろいろな発明品が登場するほか、昭和の生活風景も楽しめる作品です。
気になった方は、キテレツ大百科のマンガもぜひ読んでみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました