【 オタクに恋は難しい 】漫画最終回の感想 | ゲームオタクと隠れ腐女子の恋の結末は?

少年漫画
スポンサーリンク

■オタクに恋は難しい概要紹介

オタクに恋は難しいは、ゲームオタクの男子と隠れ腐女子の不器用な恋愛を描くラブコメディで、最終回におよぶまで6年にわたってWebマンガとして描かれました。
2014年にpixivで公開され、comic POOLにて連載、TVアニメ化や実写映画化もされた人気作品です。

■オタクに恋は難しい 最終回までのあらすじをざっくり解説

ルックスは良いのに重度のゲームオタクである二藤宏嵩と隠れ腐女子のOL・瀬成海を中心に、オタク同士の不器用な恋愛が展開されます。
桃瀬成海は会社の同僚と付き合っていましたが、腐女子だとバレてフラれてしまい、職場で顔を合わせるのが辛くなり、転職します。
その転職先で、幼馴染であった二藤宏嵩と再会するのです。
成海と宏嵩は互いを包み隠さずに、付き合えるオタク友達でもありました。
ですが、ある夜、宏嵩が成海に対して、自分と交際するとメリットがあると説き、2人は付き合うことになります。
交際していく中で、オタク同士で楽だからという理由だけで付き合っているのではと不安になった成海はその不安を宏嵩に伝えますが、好きなことをしている成海が大好きだと言ってくれたのでした。

■【オタクに恋は難しい最終回】成海と宏嵩の喧嘩が勃発

オタクに恋は難しいの最終回では、成海が職場でカバンを落とし、同人誌などオタク系アイテムをばらまいてしまいます。
同僚に気づかれたと焦る成海に対して、オタクだと隠すことはないと宏嵩が言ったことで、2人は喧嘩してしまうのでした。

■【オタクに恋は難しい最終回】仲直りできる?

喧嘩したことを後悔している2人を恋愛の先輩である樺倉と花子がそれぞれフォローしてくれます。
仲直りした2人は、お互いの大切さをより理解し合えたのでした。
宏嵩の気持ちを受け止めた成海は、職場の同僚にオタクだと打ち明けます。
すると、同僚たちは特に驚く様子もなく、普通に受け止めてくれました。
それよりも、宏嵩と交際していることを告げたほうが驚かれたのでした。

■【オタクに恋は難しい最終回】それぞれの行方

最終回では宏嵩と成海、樺倉と花子、尚哉と光のカップル3組が一緒に過ごすシーンも描かれています。
オタクどうしだからこそ、わかり合える楽しい時間です。
その後のカップルの行方も、最終回のシーンに登場します。
交際し始めたばかりの尚哉と光はまだ初々しく、一緒に暮らしている樺倉と花子は花子の妊娠が発覚し、喜ぶ2人が描かれていました。
宏嵩と成海は、より絆を深めていきます。

■オタクに恋は難しいへのみんなの感想

面白いや最高ー!といった感想もあれば、この作品に共感して泣けたー!という人もいて、もっと続きが読みたい、いつまでも作品が続いて欲しいと願う人も多い作品ですね。

■オタクに恋は難しいの最終回に関するまとめ

オタクに恋は難しいの最終回で、宏嵩と成海は喧嘩してしまうものの、最終的にはすべてのカップルがハッピーエンドとなる、ほのぼのとしたシーンで終わりました。
SNSでも話題沸騰だったオタクによるラブコメディをあなたも読んでみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました