【 のだめカンタービレ 】漫画最終回の感想 |フランスに渡った千秋とのだめはどうなる?

少女漫画
スポンサーリンク

■のだめカンタービレ概要紹介

のだめカンタービレは、二ノ宮知子さん原作のマンガです。
2001年~2010年まで、マンガ雑誌『Kiss』で連載されていました。
2006年にはテレビドラマ化されて、フジテレビでも放送されていたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
今回は、のだめカンタービレの最終回のあらすじについてご紹介いたします。

■のだめカンタービレの最終回までのあらすじをざっくり解説

のだめカンタービレの主人公は、音大のピアノ科に通う野田 恵(のだめ)です。
野田 恵は、同じ大学の先輩の千秋 真一 のことが大好きなのですが、千秋はまったく相手にしてくれません。
バイオリン奏者の峰 龍太郎、打楽器奏者の奥山 真澄、天才ドイツ人指揮者のシュトレーゼマン など、個性的なメンバーたちと一緒にSオケで音楽を作り上げるというストーリーです。
最終回では、千秋は指揮者を目指すためにフランスへ留学します。
そんな千秋を追って、のだめもフランスへいくのでした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【のだめカンタービレ最終回】フランスで一緒に暮らすのだめと千秋

のだめと千秋は、フランスのアパートで一緒に暮らすことになります。
のだめは、シュトレーゼマンと共演し、高い評価を得ますが、自信が持てず千秋の元を去ってしまいました。

■【のだめカンタービレ最終回】のだめと千秋の恋の行方はどうなった?

千秋は、失踪したのだめを必死で探しました。
その後、2人は音楽家としてのそれぞれの道を進んでいくのです。
最終回では、ブノア家でのサロンコンサートのシーンが描かれています。
「楽しんで弾くので頑張って聞いてください」というのだめらしい挨拶を耳にして、千秋はあきれた表情を見せて物語は終わりを迎えました。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■のだめカンタービレへのみんなの感想

■のだめカンタービレの最終回に関するまとめ

今回はのだめカンタービレの最終回についてお伝えしました。
原作マンガでは、ドラマでは描かれていないおもしろいシーンもいろいろとありますので、ぜひチェックしてみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました