【 さよなら絶望先生 】漫画最終回の感想 | 恐怖を感じるブラックギャグ漫画

少年漫画
スポンサーリンク

■さよなら絶望先生概要紹介

さよなら絶望先生は久米田康治による作品で、ギャグマンガのジャンルにカテゴライズされながらも、シリアスな展開やホラーテイストな最終回が楽しめるストーリーとなっています。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■さよなら絶望先生 最終回までのあらすじをざっくり解説

何事もポジティブに考える少女の風浦可符香(カフカ)は、何事もネガティブに考える男・糸色望と桜の木の下で偶然出会います。
その糸色望は、風浦可符香が入学した高校の担任の先生だったのです。
糸色望が担当するクラスの少女は、ストーリーでは絶望少女と呼ばれています。
絶望少女というのは、過去に自殺未遂を起こした少女ばかりだったのです。
さよなら絶望先生では、最初からストーリーの中に最終回への伏線が張られています。
そして、最終回の展開が4つも用意されていたのでした。

■【さよなら絶望先生最終回】2つの展開?!

最終回の1つは絶望少女が全員死亡していたという展開です。
卒業式で読み上げられる彼女たちの名前が戒名だったのです。
一方、2つ目の最終回は、糸色望が絶望少女に囲まれたハーレム状態で終わるというものでした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【さよなら絶望先生最終回】風浦可符香の実態

最終回で、風浦可符香は絶望少女たちの共有人格だと判明します。
風浦可符香は実は赤木杏でした。
赤木杏は、高校入学前に糸色望の目の前で交通事故に遭って死亡した少女です。
彼女の臓器が自殺未遂者である少女たちにそれぞれ提供されたのです。
つまり、絶望少女たちをよみがえらせたのは、交通事故で死亡した赤木杏でした。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

■【さよなら絶望先生最終回】読者に人気が高いウェディングドレス姿

高校を卒業して共有幻想からも解き放たれた、絶望少女たちはウェイディングトレス姿で糸色望を訪れ、全員が彼に死後結婚を迫ります。
糸色望はそんな絶望少女たちに恐怖を感じて、教会へと逃げ込みました。
そこには、ヘアピンを胸に付けたウェイディングドレス姿の少女が立っています。
「あなたは誰のカフカさんですか?」と問いかけ、目の前の少女を優しい表情で見つめていました。

■さよなら絶望先生へのみんなの感想

■さよなら絶望先生の最終回に関するまとめ

赤木杏とは高校入学前に交通事故で死亡しており、彼女の臓器が絶望少女らに移植された結果、彼女の体の一部が可符香の姿を見せるようになったというホラーテイストな物語です。
しかも、最終回も4つから選べるといった風変わりな展開です。
ブラックコメディとも称されるさよなら絶望先生は、読んでみないとわからないおもしろさです。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました