【イニシャルD】漫画最終回の感想 | 最終戦ダウンヒルバトルの勝者は誰?Dの意味とは

スポンサーリンク

■イニシャルDの概要紹介

イニシャルDは、 しげの秀一さん原作のマンガ作品です。
週刊ヤングマガジン誌にて、1995年~2013年まで連載されていました。
コミック本は全48巻まで発売されており、電子書籍や公式本なども販売されています。
テレビアニメ版、劇場アニメ版なども公開されました。

■イニシャルDの最終回までのあらすじをざっくり解説

イニシャルDは、走り屋を描いた作品です。
主人公は、群馬県在住、豆腐屋の息子である藤原拓海です。
「伝説の走り屋」だった父親から英才教育を受けており、優れたドライビングテクニックを持っていました。
藤原拓海はその才能を発揮して、走り屋たちとのバトルレースへ挑んでいくのです。
最終回のダウンヒルバトルで、藤原拓海が争うことになった相手は、年下の少年の乾信司でした。

■乾信司とのバトルで苦戦

乾信司は小学生の頃から運転しており、藤原拓海を凌ぐほどのドライビングテクニックを持っていました。
最終的に藤原拓海のハチロクが12000回転オーバーレブを起こし、ダウンヒルバトルで勝利を収めたのでした。

■プロジェクトDの意味

乾信司に勝利した藤原拓海は、プロジェクトD解散パーティーへ参加しました。
プロジェクトDのリーダーだった高橋涼介は、香織の墓参りに訪れて、「世界に通用するドライバーを育ててみたい、ダイヤの原石を探し出て育てたい」と伝えます。
そこで、プロジェクトDの「D」は、ドライバー、ダイヤモンド、ドリームなどを意味していたことが判明するのです。
藤原拓海がインプレッサに乗って、豆腐の配達へ出かけるラストシーンで、最終回を迎えました。

■イニシャルDの最終回に関するまとめ

今回は、イニシャルDの最終回に関する情報をお伝えしました。
車好きならば、きっとハマってしまうこと間違いなしの作品です。
ぜひ、イニシャルDをチェックしてみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

イニシャルD 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました