【ぼくたちは勉強ができない】漫画最終回の感想 | 成幸とみんなの関係はどうなった?

スポンサーリンク

■ぼくたちは勉強ができないの概要紹介

ぼくたちは勉強ができないは、2017年~2020年12月21日まで、週刊少年ジャンプ誌で連載していた学園系ラブコメディマンガです。
原作者は、筒井大志さんです。
漫画本は全21巻まで販売されており、シリーズ累計発行部数が440万部以上となっています。
2019年には、テレビアニメ版も放送されていました。

■ぼくたちは勉強ができない 最終回までのあらすじをざっくり解説

ぼくたちは勉強ができないの主人公は、高校生の唯我成幸です。
唯我成幸は、特別VIP推薦を受ける条件として、武元うるか、古橋文乃、緒方理珠たちの教育係を任されます。
さらに、予備校で知り合った小美浪あすみの勉強も教えることになるのです。

■図書室で勉強に専念

文化祭が終わった後、武元うるか、古橋文乃、緒方理珠たち3人は、図書室で勉強に励んでいました。
そこに、メイド服姿の小美浪あすみが現れて、花火のジンクスについて口にします。
しかし、唯我成幸はみんなの下敷きになってしまうのです。

■最終回はどうなる?

最終回では、「ここから、どんな明日へも、どんな自分へも、道は続いていくのだから」という唯我成幸のセリフがあります。
みんなで仲良く勉強する姿が描かれており、最終回はハーレムエンドで締めくくられました。

■ぼくたちは勉強ができないの最終回に関するまとめ

今回は、ぼくたちは勉強ができないの最終回に関する情報をお伝えしました。
これから受験を控えている人、受験勉強を経験した方にとっては、心に刺さるストーリーとなっています。
ぜひ、ぼくたちは勉強ができないの漫画本を手に取ってその世界観を楽しんでみてください。

違法無料漫画サイトではなく買って漫画業界を応援しましょう!

ぼくたちは勉強ができない 全巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました